コンセプトからのビジュアルデザイン

WEBデザイン系の勉強会、POINT OF VIEWの「コンセプトからのビジュアルデザイン開発」に参加してきました。

目的は良いデザインからコンセプトやキーワードを知り、そこで出てきたキーワードに相応しいビジュアルの作り方について、参加者の経験をもとに共有しあい理解を深めること。

セミナー形式ではなく、ディスカッション形式だったので、参加者みなさんの考えや知識、経験などを聞くことができて、とても有意義でした。

その内容をメモ的に

課題サイト

制作業務での問題

  • FireworksでWEB制作の効率を上げたいが、イラレとの連携ができない。
  • イラレで複雑なパスの画像をFireworksへ移そうとすると落ちる
  • 一度作ったボタンのグラデーションなど、パターンは登録している。

利用している写真素材サイト

同じ写真素材でも大きさ、トリミング、色調などを変えることでイメージが変わる。

良いデザインサイトを探す方法

ギャラリーサイトやソーシャルブックマーク(SBM)から探す。
私の場合はWEB制作会社の実績から探すこともあります。

抽象的なアイコンの探し方

例えば「親切」を示すアイコンを探す場合、日本語「親切 アイコン」だけでなく、「kind icon」と英文などに翻訳すれば世界中のアイデアが集まる

おすすめフォント

私が学んだこと

これまでは情報を整理・レイアウトした時点でほぼ完成としていたのですが、さらにもう一段「イメージを伝える」ためのデザインが必要なのだ、ということを改めて気付かされました。
情報だけでなくイメージや印象も伝えなくてはならないんですよね。そこを考える事自体が疎かになってました。

デザインに関する記事

コメント