設計思考で書く、WEBテキスト表現術

銀座アップルで行われた「CSS nite vol64」のメモです。(株)Rokaku代表・森田哲生さんによる、人に伝わるためのテキスト表現方法について、通常は5時間程度かかるところを1時間にまとめた講義でした。

※自分なりに理解したメモなので、実際の表記や趣旨と違っているかも知れません

人に伝わる確率を上げる5つのテクニック

1.単語、キーワードの抽出

具体的なキーワードほど伝達率が上がる
時間、場所、社名、人名など

2.企業の訴求より、ユーザーのニーズ

企業の言いたいことより、ユーザーが何を求めているか
求めている「答え」の優先順位を上げて設計する

3.インパクトを設計する

(一つの方法として)単語同士の意味的な距離が遠いほどインパクトがある
意味的な距離=ありえない組み合わせ、違和感、変な言葉
例:コンピュータおばあちゃん、草食男子、腐女子(流行語を参考にする)

4.レイアウトサッカー

サッカーボールをユーザーの目線として、フィールド(画面)に選手(デザインパーツ)を配置し、どうパスまわし(視線の誘導)すればスムーズにゴール(コンバージョン)できるか考える

5.アンダー300ライティング

人が文字列を目にした瞬間、文章というより1つの画像(塊り)として見られる。その塊りは300文字程度が適切
設計には制限が必要。300文字という制限を設けることで書きやすくなる

その他

話題の変わり目では段落を変え(行間を開ける)、さらに小見出しをつける
各小見出しだけでページ全体の内容がイメージできるようにする
内容がイメージできれば、情報を必要としているユーザーにはより詳細な本文を読んでもらえる
小見出しにもキーワード、ユーザーのニーズ、インパクトに気をつける

関連書籍

講義の間に話題にのぼった本です
アンダーザレーダー
通販番組の作り方に学ぶ

感想

久々のCSS niteでした。講義の内容も勉強になりましたが、質疑応答で「意見の異なるクライアントを納得させるにはどうしたらいいか」とう質問に対し、「クライアントが好みそうな、有名な実例をたくさん挙げる」という方法は使えそう。

WEB全般に関する記事

コメント