setIntervalを使って繰り返し処理のJavascriptを組んだら「なんでsetIntervalなの?」とツッコまれたのでその違いを調べてみた。

setTimeout()
処理が終わってから次の処理を始める
setInterval()
処理が終わっていなくても指定の時間毎に処理を始める

なるほど、繰り返し処理としては「最初の処理が終わってから次の処理を始める」というのがプログラムとしてはエラーが少ないのかも。

2 thoughts on “setTimeout()とsetInterval()の違い

  1. Jimmy より:

    なるほどです。ためになりました!

  2. admin より:

    コメントありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA