選び抜く事が大切

米エバーノートでクリエイティブディレクターを務めるゲイブ・キャンポドニーコ氏の講演内容の記事より、UIとUX、ブランド構築の9つのポイントを紹介してますが、個人的には7つめの「選び抜く事が大切」に共感。
紹介されていた「3つの落とし穴」にも心当たりがありまくり。

7)選び抜くことが大事

大切なのは本当に伝えたいことを選び抜くこと

<機能を詰め込みすぎる、3つの落とし穴>

1 選ぶのを迷った時、両方用意しておけばユーザーが選んでくれる
2 置き場所が困ったときにメニューに入れてしまう
3 競合他社よりも機能を入れると勝った気になる

余計な機能が増えるパターンとしては「どっちもあったほうが便利だろう」といって機能が増やされる場合もありますね。
これはサービス提供側が「こう使って欲しい」「こう使うべき」というところまで機能を突き詰められていないことが多いです。
機能に限らず、コンテンツでも同じことがあります。
「選び抜く」には一度作ったものでも「削る、削除する」という決断も必要。

ちなみに「UIとUX、ブランド構築の9つのポイント」は以下
1)最初から編集に着手してはいけない
2)他の事例を徹底的に調べる
3)二つのアイデアを組み合わせてみる
4)ユーザーを広告塔にする
5)ユーザーの利用シーンを思い浮かべてみる
6)プラットフォームの“良い市民”であれ
7)選び抜くことが大事
8)コンテンツに没入させる
9)コンテンツの誘導は“流れる”ように

詳しくは以下の記事で
エバーノートのクリエイターが教える「魅力あるUIとUX」の極意

デザインに関する記事

コメント