ゆでガエルの法則

ビジネス用語らしいが、はじめて聞いたのでメモ。

ゆでガエルの法則
カエルを熱湯に入れるとすぐに飛び出すが、冷たい水にいれて徐々に水温を上げていくと、温度の変化に気づかず、やがて暑い湯の中で死んでいく。緩やかな変化に気づかず、いつしか手遅れなることのたとえ。

緩やかな変化には気づきにくいし、自分の置かれた状況が熱いのか、冷たいのか、ぬるいのか、は感覚神経がないから分からない。知るためには他との比較が必要。
外の状況や変化に気を配り、自分との差や違いを意識する必要がある。

マーケティングに関する記事

コメント