## [https://qiita.com/mizu16/items/76d72bdeca706e04ca43](https://qiita.com/mizu16/items/76d72bdeca706e04ca43)

ID
document.getElementById(”);

タグ
document.getElementsByTagName(”);
element.getElementsByTagName(”);

クラス
document.getElementsByClassName(”);

名前(name)
document.getElementsByName(”);

カスタムデータ
document.querySelectorAll(‘data-xxx’);

セレクタ
document.querySelector(‘#main .article h1’);

すべてのセレクタ
document.querySelectorAll(‘a’);

データの中身を表示

console.dir(配列名);

## jqury 要素の値を取得する方法一覧

・データ(data-*)を取得 data()

・Classを取得 hasClass() add/removeClass()

 特定クラス名がセットされているか、ではなく、クラス名そのものが欲しい場合 そんな文字列をclassで賄おうとせず、data-xxxで別属性として定義する。

・value val()

・textareaに入力された値 val()

 タグの中といってtext()やhtml()を使う必要はありません。

・checkboxやradiobuttonがチェックされているかどうかを知りたい prop(‘checked’)

 attr()で”checked”と比較しない

・checkboxやradiobuttonをチェックしたいor外したい prop(‘checked’, true|false)

 attr()や、ましてやremoveAttr()などは論外です。

・disabledかどうかを知りたい prop(‘disabled’)

 attr()で”disabled”と比較するのはギルティーです。

・disabledにしたいor外したい prop(‘disabled’, true|false)

 attr()や、ましてやremoveAttr()などは論外です。

・aタグにおけるhrefや、imgにおけるsrc等のアドレスのパスについて

 絶対パスが必要 prop()

 相対パスが必要 attr()

 ただし、htmlに絶対パスとして記述されている場合は絶対パスになります。

・上記以外の属性を取得 HTML標準の属性の場合 prop()

 HTML標準ではない、勝手に命名した属性 attr()

 または data-xxxxとした上で、data()を使ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA