hrefとsrc の違い

HTMLタグでhrefで指定するものとsrcで指定するもの、この違いはなんなんだろうと思い、いまさらだけど調べてみた。

hrefとsrcのもとのテキスト

・hrefはhyper reference(ハイパーリファレンス)の略
 リファレンスの意味は「参照、参考、引用」など
・srcはsource(ソース)の略
 ソースの意味は「出典、由来」など

hrefとsrcが使われるタグ

・href:a, link, base, area
・src: img, script, iframe, embed
※他にもあったらご指摘ください。

hrefとsrcの違い

こうして元の言葉の意味と、使われているタグから考えると
・href はページに関連する情報の指定
・src はページに埋め込む情報の指定
となるのかな。

linkタグで指定するCSSなどはページに埋め込むイメージがるけど、hrefで指定されているということは「参照」しているのだと考えられます。

公式に説明されているページが見つからなかったので、自分なりに調べたことのまとめなのでその点、ご了承ください。

コーディングに関する記事

コメント